SEO対策に適したWordPressの初期設定

seo

あなたが取得した独自ドメインでWordPressを運営していく上で
SEO対策がとても重要になってきます。


SEO対策とは語弊を恐れずに簡単に言いますと

あなたのブログを検索結果のTOPページに
表示されるように対策をする。

参照:『初心者でも分かるSEO対策を徹底解剖』
上記記事も参考にしていただき少しずつ理解してください。


独自ドメインでブログを運営するにあたって、
ほんとんど方が経験をする、「アクセスがこない」ってこと
があります。

無料ブログでは記事を更新すれば数十、数百とすぐアクセスが
きますが、独自ドメインでは最初はアクセスが来ないんです。


あなたがWordPressでブログを運営していてアクセスが来なくても
焦らずにしてくださいね。アクセスが来ないのが当たり前だと思って
作業して下さい。


今回はできる限り早くアクセスを集める為に
あなたがWordPressでブログを運営し始めて
すぐできるSEO対策をお伝えします。


・サイトのタイトル
・キャッチフレーズとなるメタディスクリプション
・サイトのキーワード

上記の3項目はあなたが最初にするべきSEO対策です。

当ブログでは下記のような設定になっています。
スクリーンショット 2015-03-01 20.08.39
1つずつ説明していきます。

SEO対策に最適なブログタイトルの付け方


ブログタイトルの設定方法


当ブログでは『賢威6.2』というテンプレートを採用している為
『賢威6.2』での設定方法になる事をご了承ください。


スクリーンショット 2015-03-01 20.26.24

『賢威の設定』をクリック

スクリーンショット 2015-03-01 20.08.39

この画面でブログタイトルを設定します。

ブログタイトルの決め方


・32文字以内が好ましい(24文字ぐらいが最適です。)

・重要なキーワードを左側に配置する(当ブログは『WordPress』)

・無駄なキーワードは入れない。

・キーワードをブログタイトル内で重複させない。

以上に気を付けてブログタイトルを決めてください。


キャッチフレーズとなるメタディスクリプション最適な決め方


・ブログ内容とブログタイトルに沿った内容にする。

・80文字~120文字ぐらいを目安にする。

・文章として成立させる。キーワードの羅列はロクな事はない。

・重要なキーワードは前の方にもってくる。

・キーワードをメタディスクリプション内で重複させない。

・キャッチフレーズとなるメタディスクリプション


ブログのキーワードの最適な設定方法


あなたのブログに沿ったキーワードを設定して、
検索エンジンに教えるために設定します。

当ブログですと『wordpress,カスタマイズ,wp,キーワード,キーワード』
このようにキーワードを決めてください。

同じキーワードを何度も使わない。
良くない例「アフィリエイト,ブログアフィリエイト,メルマガアフィリエイト,」(アフィリエイトが重複している)



設定が完了しましたら「変更保存」を押して完了です。



独自ドメインでの集客方法の1つとして
SEO対策も重要です。

ただ、SEO対策をあまりにも考えすぎると
あなたの手が止まる可能性がありますから、
最初のうちは考えすぎないようにしてくださいね。



    コメントを残す

    サブコンテンツ

    ブログ運営者

    tatu


    皆様の応援により
    7日間でランキング
    1位獲得!!

    いつも応援していただきありがとうございます。

    ranking


    ついに40代に突入してしまいました。
    ネットビジネスでは10年間あれやこれやと情報プレナーの方にお金を積んできました。
    いわゆる「ノウハウコレクター」ってやつね。
    私の中ではそんなお洒落な表現ではなく、ただ行動をしなかった、弱虫太郎って感じです(汗)

    しかし、

    ネットサーフィンしか知らないこの私はメチャメチャ成長したんです。
    wordpressで運営しカスタマイズ
    無料レポートを作り
    メルマガを発刊
    するようになりました。

    しかし、私は普通の会社員です。
    子育てにも積極的に参加しています。
    限られた時間で、副業として出来ているのには理由があります。
    そのとんでもなない裏話は

    TATUのプロフィールへ

    お問い合わせは無料だよ(笑)

    mail2
    ワードプレスの導入の仕方など、質問・疑問をお気軽にお問い合わせください。
    お問い合わせはこちら

    このページの先頭へ