WordPressの効果的な一般設定を行う

wordpress

WordPressの一般設定では下記の
5項目の設定をします。

・サイトタイトルとキャッチフレーズ
・WordPress アドレスとブログアドレス
・メールアドレス
・メンバーシップ
・サイトのタイムゾーン


一般設定画面へのアクセス方法

WordPress にログインして左メニューの一番下の「設定」にカーソルを合わせたら
表示される「一般」をクリックすると一般設定の画面にアクセスすることができる。

14


それでは一つ一つ説明していきます。

ブログ名とキャッチフレーズ

15

ここの場所には最初WordPressをインストールした時に
決めたものが入力されています。

もしあなたが、ブログ名を変えたり説明文を変えたい時は
ここで変更できます。

ブログ名はを決める時は何のブログで何を伝えているのか
分かるタイトルが良いと個人的には考えています。
初心者の方は。

キャッチフレーズは無くても大丈夫です。
ただし、プラグインの『ALL in one seo』の方で設定はしてくださいね。
参照:『All in One SEO Packの最適な設定方法と使い方


WordPress アドレスとブログアドレス

次にアドレスの設定にいきましょう。

16


ご覧のとおりWordPress で設定するアドレスには、WordPress アドレス・サイトアドレスの2つがある。

WordPress アドレス』とは
インストールしたWordPressファイルを保存しているアドレスのこと。

サイトアドレスサイト』とは
サイトを表示するURLのことだ。

これらは通常、上の画像のように、両方とも同じアドレスになっている。

しかし、レンタルサーバーの自動インストール機能を使って、WordPressをインストールした時に、
デフォルトで両アドレスが、 http://○○○.com/wp/ になっている場合がある。

その場合、サイトアドレスを、http://○○○.com/に設定しておく必要がある。


メールアドレスの設定

メールアドレスはコメントが付いたり、リンクされたときに
通知を受け取る為のメールアドレスです。

普段お使いのメールアドレスを使う事で
レスポンス良くコメントを返したりできます。

コミュニュケーションを円滑に図ることができます。


メンバーシップの設定

複数のユーザーで編集したりする時に有効です。

あなたが以外のユーザーにあなたのwordpressをどこまで
編集させるか権限を決める為の設定です。

外注さんに記事をお願いして、プラグインやテーマの編集を
触られたら困る時に権限の範囲を決めます。


17

ここのメンバーシップのチェックボックスにチェックを入れると、管理者以外の人間でも新規ユーザーを追加することができるようになる。
しかし、ここはサイトのセキュリティのことを考えて、チェックを外しておく方が無難でしょう。


サイトのタイムゾーンの設定

これは簡単に時間の設定です。

wordpressの日本語版を使用されてると思いますので
そのままでいいです。


これが最初の一般設定です。

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    ブログ運営者

    tatu


    皆様の応援により
    7日間でランキング
    1位獲得!!

    いつも応援していただきありがとうございます。

    ranking


    ついに40代に突入してしまいました。
    ネットビジネスでは10年間あれやこれやと情報プレナーの方にお金を積んできました。
    いわゆる「ノウハウコレクター」ってやつね。
    私の中ではそんなお洒落な表現ではなく、ただ行動をしなかった、弱虫太郎って感じです(汗)

    しかし、

    ネットサーフィンしか知らないこの私はメチャメチャ成長したんです。
    wordpressで運営しカスタマイズ
    無料レポートを作り
    メルマガを発刊
    するようになりました。

    しかし、私は普通の会社員です。
    子育てにも積極的に参加しています。
    限られた時間で、副業として出来ているのには理由があります。
    そのとんでもなない裏話は

    TATUのプロフィールへ

    お問い合わせは無料だよ(笑)

    mail2
    ワードプレスの導入の仕方など、質問・疑問をお気軽にお問い合わせください。
    お問い合わせはこちら

    このページの先頭へ