SEO対策を世界一優しく伝える記事

seo

SEO対策とは、GoogleやYahooなどの検索エンジンが、自分のブログを理解しやすいように、最適化を施(ほどこ)しておくことを言います。

読み方は、「エス イー オー」、「Search Engine Optimization(サーチ エンジン オプティマイゼーション)」の頭文字をとって、「SEO」です。

和訳すると「検索エンジン最適化」、もしくは、「サーチエンジン最適化」となります。


さらに掘り下げて説明すると、SEO対策がしんどくて面倒臭いものになるので
専門的なことはその道のプロにお任せしましょう。


この記事では『世界一やさしくSEO対策を伝える』ということで
重要な知識だけをお伝えします。

SEO対策が絶対に必要な理由


大前提として覚えていてほしいいこと。

Googleはインターネット利用者に最適な情報を素早く
提供したい。


インターネットを利用する人が悩み(分からないこと)を解決する為に検索エンジン利用です。
そして、検索した結果の1ページ目や2ページ目をユーザーは一番見ますよね。

その1ページ目にあなたの記事を表示させることで
より多くのユーザーがあなたのブログを見ることになります。


TOPページ表示されることで、莫大な利益が生まれるために
企業、アフィリエイターなどがSEO対策をするんですね。

TOPページに表示されると広告費が掛からずアクセスがあるので
SEO対策は必須です。

SEO対策を仕事にしている企業もありますからね。

それだけSEO対策はインターネットビジネスにおいて
とても重要な役割を果たします。


SEO対策の種類


・内部対策


内部対策とは
・ブログ名・記事タイトル・見出しタグ・画像・キーワードなどを最適な設定にする

・ブログ内部を訪問者にわかりやすく案内する為リンクしたりしていく

・ブログ内部に訪問者の役に立つと思うコンテンツを増やしていく

検索エンジン(Google)に良いブログと認識してもらいやすくブログ内部を設定していきます。
ブログの基本設定や、記事タイトルやキーワード設定も必要になります。

またブログ内部にユーザーにとって役立つコンテンツを増やしたり分かりやすくすることも内部SEOです。



・外部対策


外部SEO対策とは?

外部サイトからのバックリンク数を増やす。
外部サービス等からサイトURLを共有していく。

あなたのブログで扱うテーマが同じで、良質なサイトからの被リンクは高評価されます。
(被リンクとは運営サイトが他URLからリンクされている状況です)

例)月間100万pvあるWordpressをテーマにしたブログに
  当ブログが紹介される(被リンクを獲得)とGoogle(検索エンジン)から高評価されます。


有料でも販売されてる被リンクもあります。
このような被リンクはGoogleからスパム判定をされるので
逆効果になること多いです。
(検索エンジンペナルティー)

ペナルティーを受けると、あなたが一生懸命作った
ブログが圏外に吹っ飛ばされるので有料の被リンクだけは
やめてくださいね。

ただし、まだまだ有効なやり方が存在するのも事実として。(ブラックハット)


自然なかたちで被リンクをつけていく(獲得していく)ことがとても大事です。


WordPressの運営ではSEO対策がとても有用で
とても大事になってきます。


SEO対策のポイントを押さえてWordpressを運営していきましょう。

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    ブログ運営者

    tatu


    皆様の応援により
    7日間でランキング
    1位獲得!!

    いつも応援していただきありがとうございます。

    ranking


    ついに40代に突入してしまいました。
    ネットビジネスでは10年間あれやこれやと情報プレナーの方にお金を積んできました。
    いわゆる「ノウハウコレクター」ってやつね。
    私の中ではそんなお洒落な表現ではなく、ただ行動をしなかった、弱虫太郎って感じです(汗)

    しかし、

    ネットサーフィンしか知らないこの私はメチャメチャ成長したんです。
    wordpressで運営しカスタマイズ
    無料レポートを作り
    メルマガを発刊
    するようになりました。

    しかし、私は普通の会社員です。
    子育てにも積極的に参加しています。
    限られた時間で、副業として出来ているのには理由があります。
    そのとんでもなない裏話は

    TATUのプロフィールへ

    お問い合わせは無料だよ(笑)

    mail2
    ワードプレスの導入の仕方など、質問・疑問をお気軽にお問い合わせください。
    お問い合わせはこちら

    このページの先頭へ